ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

ミスペレグリンと奇妙なこどもたち / 感想・ネタバレ・評価・動画

GW2017&母の日のギフト!2017年最新

母の日のプレゼントにぴったり!2017年最新

ゴールデンウィークは無料で遊ぼう!GW2017特集!

ゴールデンウィークフェス 2017年音楽ミュージックフェス

ミスペレグリンと奇妙なこどもたちの動画

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの感想

家族・友人・時代そして容姿や奇抜な才能は本人が臨んだものとは違う。異質なものは排除の対象になる。それは世の常ですね。しかし、この映画では”奇妙な子どもたち”は助け合って生きていきます。

監督:ティムバートン(代表作:シザーハンズ、ナイトメアジャイアントピーチ、チャーリーとチョコレート工場)

監督、ティム・バートンは欠落者をテーマにした作品や死後の世界をテーマにした作品を多く手がけるハロウィン映画マスター的な存在です。彼の映画はハートフルストーリーが多いのですが今回も例にももれず後味スッキリ世界の少数派が映画の中に入りたいと思える素晴らしい作品でした。

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち あらすじ/ネタバレ注意

ざっくりとした感想になります。モーガン・フリーマンが油断しなければ負けてた。悲しいことに両親が息子と向き合わなすぎる。父親はバードウォッチングに夢中だし主人公のことを心配はするけど世間体重視の心配。あの形でのエンディングも無理はありません。

モーガン・フリーマンではなく、サミュエルでした

スターウォーズのマスターウィンドです。(モーガン・フリーマンは映画セブンの賢い人です。)

http://www.foxmovies-jp.com/staypeculiar/

簡単なあらすじ

主人公の環境説明
全然パッとしない主人公

主人公→ハリーポッターで言うと魔法学校(スリザリン)にすら行けないスクールカース
エヴァに乗れないシンジくん。
主人公の家庭環境→色々と終わってる
僕には何もない。鬱鬱。

なんだか生きている意味ないかも

尊敬している祖父が死んだ

祖父の遺言通りに島に行こう

島ではループ・タイムリープ系のSFの扉が開いていた

奇妙な子どもたちには特殊能力があるが自分には何もない?

自分にもしかできない特殊能力を発見

省略(この部分は劇場で御覧ください)

ハッピーエンド?

日本公式サイト(画像引用元等) / ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

ミス・ペレグリン


http://www.foxmovies-jp.com/staypeculiar/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう