千と千尋の神隠し ( せんとちひろのかみかくし )の真実

千と千尋の神隠しの真実・風俗 ( せんとちひろのかみかくし )

GW2017&母の日のギフト!2017年最新

母の日のプレゼントにぴったり!2017年最新

ゴールデンウィークは無料で遊ぼう!GW2017特集!

ゴールデンウィークフェス 2017年音楽ミュージックフェス

千と千尋の神隠し ( せんとちひろのかみかくし )の裏話や真実について

千と千尋は風俗嬢の話なのか?諸説が多く存在する。ハクが死んだ説などはちひろの親が無銭飲食をして粗相をした、湯屋の客は大名や皇族もいる。千尋は皇族に気に入られる器量の良い娘であった。

千と千尋の神隠しの憶測・推測想像を3行でまとめると

  • ‪千尋は完全に遊女でハクは女衒‬
  • ハク(黒髪ぱっつん色男の女衒)に恋する千(源氏名)‬
  • 遊郭(温泉風俗)で公族殿様大名を巻き込む事件を起こして大騒ぎ‬
  • と、言うのが千と尋は神隠しの裏設定的なものなのではないだろうかと筆者は思いました。
    ハクは死んだとかそう言うのはまだよく考えてないので、それは別の機会に書こうと思いました。

    これまでの作品との大きな違い

    他のジブリ作品との大きな違いはなんでしょうか?

    元いた世界と異世界の時代の違い

    元いた世界の時代背景としては90年代前半あたり〜80年代半ばを彷彿させる描写が元いた世界でしたね。ひょんとしたことで、異世界に迷い込んでしまいますが、そこでは和服、着物を着ている文化が存在していました。どんなに新しい日本の時代を見繕っても、文明開化以前と言うことが推測されます。

    世界観や時代背景としては”もののけ姫”と共通点が多い

    人間主導の世界ではない。

    魔法使いや妖怪や人外が絶大な力を持っている。

    戦前、開国前の日本が舞台である。そして日本もある程度、それなりの他民族国家であることを示唆する描写がある。

    以上、書き足りない気持ちもありますが機会があれば追加や随時更新などをさせて頂くと思いました。

    それではご高覧ありがとうございました。

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう